主な債務整理の依頼から借金問題解決までの流れについて

借金の問題を抱えている人はその問題をどうにかしたいと常に悩んでいます。
その悩みの解消のために第三者機関が協力してくれますが、その流れについてはどうなっているのでしょうか。
ここでは依頼から問題解決までの流れについてをクローズしていきます。

 

依頼から問題解決までのおおまかな流れについて

 

債務整理の場合は、まずインターネットの相談フォームや電話を利用して、専門家への相談のアポイントを取ります。
アポイントを取った後は専門家の事務所を訪ね、現状の自分の負債の状況や負債に至った理由を専門家に相談します。
その後、専門家から負債を解消するための方針や今後の事などについて提案されます。

 

提案に合意をしたら後は専門家の指示に従っていくというのが基本になります。
依頼から問題解決までの一定期間、家計簿をつけて事務所に提出する必要もあります。
依頼の進展については随時書面で依頼者のもとへ送られますので、不安になる必要はありません。

 

債務整理の流れの詳細について


債務整理で専門家に相談を行ったら、担当の弁護士名で各金融業者への受任通知を行います。
通知が金融業者へ届いた時点で以降の窓口は全て担当の弁護士に移りますので本人への催促は止まります。
受任通知を弁護士が金融会社に郵送するとともに過去の取引についての開示要求を行います。

 

取引履歴を参考に返済金額を算出し、その結果をもとの負債者に債務整理の方針を提案します。
債務整理の方針の決定の仕方はあくまで算出した返済金額をもとにするので、必ず自己破産しないといけないというわけではありません。
最終的な方針の決定権は負債者にありますので、提案された案に合意できるのであればそれに合意すればいいのです。

 

方針決定後、あとはそれに従って必要な場合は月々返済を行い、場合によっては必要な書面を裁判所に提出します。
自己破産の場合は手続きによって債務が原則として免除されるので、それで終了になります。

 

依頼から解決までの流れが分かれば安心して専門家に相談が出来ますよね。
一人で悩まず、相談という一歩を踏み出すことから問題は解決していくのです。