債務整理とは何なの?借金解決方法としてのメリット

債務整理という言葉は皆さんもメディアなどで見たり聞いたりした事があるでしょう。

 

しかし、その債務整理というものが具体的にどのようなものかはあまり理解されていないのが現実です。

 

債務整理の概要について

書類

 

債務整理とはその言葉の通り、個人が抱えた借金を整理する事です。

 

借金の整理の方法、つまり債務整理にはいくつかの手段があります。

 

その手段によっては借金が完全に無くなる場合もありますし、借金が減額される場合もあります。

 

マイホームなどの資産はそのまま残しておきたい、車は今後の生活に絶対に必要など個人によって事情は異なります。

 

債務整理にはいくつかの手段があると先ほど述べましたが、個人個人によって最良の手段は異なります。

 

債務整理の方法と借金解決におけるメリットについて詳しく解説していきます。

 

債務整理の手段とメリット

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産などいくつかの手段があります。

 

まず任意整理ですが、これは個人ではなく弁護士や司法書士などが代理になって金融機関に交渉します。

 

この任意整理のメリットは本人が交渉をしないで済む事、借金の減額が挙げられます。

 

次に民事再生ですが、これは任意整理で再計算を行ってもまだ返済が厳しい場合に地方裁判所に申し立てを行うことで再生計画を立てる手段の事です。

 

民事再生のメリットは借金の元金を大幅に減額でき、家や車などの資産を手放さずに済むということです。

 

一定の職業に就くことが出来ないなどのペナルティもありません。

 

最後に自己破産ですが、これは地方裁判所に破産の申し立てを行うことで全ての借金を帳消しにする制度の事です。

 

一定額以上の資産については手放さないといけないペナルティはありますが、その代わりに全ての借金を帳消しにすることで返済義務から逃れる事が出来るというのが最大のメリットです。

 

債務を整理したいと悩んでいる人はまずは専門家に相談し、自分にマッチした方法を提案してもらうのが最良の方法です。

 

プロが味方に付くことで債務という悩みも軽減できますよ。