パチンコなどのギャンブルによる借金でも債務整理は可能なの?

ギャンブルにはまってしまうと自分の生活に必要なお金を後回しにしてでもギャンブルにお金を使ってしまいます。
そのせいで多額の借金を抱えたというのはよくある話です。
ギャンブルが原因の借金でも現在は多くの場合において債務整理が出来るようになっているのです。

 

ギャンブルが原因の場合の債務整理について


浪費やギャンブル、その他の遊興費が借金の原因である場合は任意整理や個人再生であれば問題なく手続きを行うことが可能です。
任意整理は債権者と直接話し合う手続きですし、借金の原因を追究されることはありません。

 

利息や遅延損害金の確認及び交渉、もし過払い金があった場合はそれを請求します。
月にいくら払えるかを決定し支払回数を債権者に提案します。

 

問題がなければ和解が成立し、書面を取り交わすことになります。
また、個人再生でも借金の原因で左右されることはありません。
ギャンブルが借金の原因になった場合はこれらの方法で債務整理を行うことが安全といえます。

 

ギャンブルが借金の原因でも自己破産は可能

 

法律上、ギャンブルは免責不許可事由として扱われているので、自己破産は基本的には出来ないことになっています。
しかし不許可事由であるからといって必ずしも免責が受けられないということではありません。
自己破産には裁量免責という制度が認められています。

 

これによって借金の原因が免責不許可事由であっても総合的に判断し、免責に相当する場合にはその裁量にて免責決定を出してもよいことになっています。
従って浪費やギャンブルが借金の原因であってもこの裁量免責で免責決定を得られるのです。

 

ギャンブルで借金を作ってしまった場合は弁護士などにアドバイスを受けて裁量免責が受けられる見込みがあるのであれば、自己破産を検討してもいいでしょう。
ギャンブルが原因の借金は自己破産の場合のみ免責が下りない可能性があります。
任意整理などは問題なく行えるので、返済出来る状況であればそちらを優先的に検討してみるといいでしょう。