債務整理を行った後でもクレジットカードを作成することは可能か

債務整理を行うと、当然ですが債務者には様々な制限がつきます。
生活していくうえであると便利なクレジットカードは債務整理を行った後でも作ることは出来るのでしょうか?

 

債務整理後にクレジットカードは原則作れない


結論から言うと債務整理を行った後はクレジットカードを作ることはほぼ不可能です。

 

クレジット会社は新規契約者の審査の為に最低でも一つの個人信用情報機関に加入しています。
個人信用情報機関には各人のクレジットに関する利用履歴が登録されているので、それを参考にすることで過去の債務状況などがわかるようになっています。

 

個人信用情報機関は主にCIC、JICC、KSCがあります。
CICとJICCは自己破産の場合、確定後5年間、個人再生や任意整理の場合は5年から10年間事故を起こした記録が残ります。
この期間が過ぎないと記録が消えないために、クレジットカードが作れないというわけです。

 

一定期間が過ぎた場合でも作れない場合がある

 

事故の履歴は一定期間過ぎれば消えますが、一定期間が過ぎた後の負債者の状態は分割払いもローンもしていない状態になります。

 

これはスーパーホワイトと業界では呼ばれていますが、このご時世で分割払いもローンも組んでいない方が不自然ですので、クレジット会社はこのスーパーホワイトの人を過去に事故を起こした人とみなして避ける傾向にあります。

 

債務整理後の人に限らず、ローンや分割払いをしたことがない人は借金を返せる根拠が見えないのです。
この場合の実績の作り方でおすすめなのが携帯電話の分割払いです。
携帯ショップは分割払いで契約をしましょう。

 

分割払いを数か月利用することで分割払いの実績が残ります。
そうすると状態がスーパーホワイトではなくなるので、クレジットカードを作成しやすくなります。

 

債務整理を行った後、数年間はクレジットカードが作れません。
しかし、それを社会的な制裁とは捉えず自分自身をきちんと見直すのに大切な期間であると考えることが大切です。