諦めるのはまだ早い?やり直すための債務整理について知っておきたい事

借金の問題を抱えている人はたくさんいますが、その借金を処理する方法を知っている人はあまりいません。

 

悩む男性

 

そもそも、その借金がきちんと整理することが出来るという事があまり知られていていないのです。

 

債務整理とは何か?

 

債務整理というものは借金を整理する方法の総称の事です。

 

法的に個人が抱えた借金を見直して、負担の少ない生活を送ることが出来る方法の事です。

 

債務整理の手段には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停と種類が色々あります。

 

借金の整理手段は自己破産というイメージが定着しておりますが、必ずそうしないといけないというわけではないのです。

 

債務整理を行おうとする個人の状況に応じてベストな債務整理方法はそれぞれなのです。

 

全ての借金をゼロにしてしまいたい人から借金の額は減らしたいけれど財産は手放したくないという人、それぞれです。

 

具体的な債務整理方法について

自己破産

まずイメージが定着している自己破産についてです。

 

自己破産は現在抱えている借金をすべて帳消しにします。

 

返済が不可になった旨が裁判所で認められれば免責となり、返済義務は一切無くなります。

 

しかし、その代償として破産者が所持している資産は没収されます。

 

個人再生

次に個人再生ですが、これは借金の額を減らし減額された借金を3年で完済する手段です。

 

個人再生では資産の没収はありません。

 

任意整理

次に任意整理ですが、これは弁護士や司法書士が債務者に代わって金融機関に申し立てを行います。

 

交渉内容は借金の減額などですが、過払い金の請求も一緒に行うことがあります。

 

こうすることで借金の総額が減り、月々の返済額も少なくなるのでその額で完済を目指すという事です。

 

特定調停

最後に特定調停ですが、これは裁判所で第三者を間に挟むことで債権者と交渉を行うことです。

 

これは代理人が不要ですが、十分な準備が必要になります。

 

それぞれの事情をきちんと整理して、債務整理の手段を理解した上でその事情にマッチした手段を選択することが大切です。
個人でどれがベストかわからない場合は専門家に相談することも一つの手段です。